沢尻エリカ画像
沢尻エリカ画像
沢尻エリカ画像
沢尻エリカ画像

スポンサーサイト

  • 2007.11.15 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


エリカ様、久々のテレビ露出 「仏頂面」封印で新曲アピール

主演映画「クローズド・ノート」舞台挨拶での不機嫌な態度が騒動に発展した「エリカ様」こと沢尻エリカさん(21)が、久々にテレビの画面に登場した。沢尻さんが「ERIKA」として新シングルをリリースするのにともなったもので、これまでの「エリカ節」から一転、曲のリリースに対して笑顔で「すごい楽しみ」とコメントするなど、ご機嫌な様子だった。

■演奏直後のシーンでは「バンドチーム名考えないと!」

 沢尻さんが登場したのは、2007年10月31日朝、フジテレビ系で放送された情報番組「めざましテレビ」。沢尻さんが「ERIKA」の名で11月28日に発売するセカンドシングル「Destination Nowhere」のプロモーションビデオ(PV)をテレビで初公開する、というものだ。

 騒動以後10月4日放送のテレビ朝日系の情報番組「スーパーモーニング」のインタビューで

  「あの日の、自分のあの行動ですべてを本当にぶち壊してしまった」

などと謝罪して以来、メディアに「騒動後」の姿を見せてこなかった。10月26日には、美術関係のパーティーに出席したとされるが、報道陣はシャットアウトされたため、様子は伝わってきていなかった。

 「めざましテレビ」内での説明によると、収録が行われたのは、「およそ10日前」。「号泣インタビュー」放送の約2週間後に収録が行われたことになる。番組内のスタジオでのコメントでも、

  「本当に、最も最近の沢尻エリカさんの近況を伝える姿です」

と強調されていた。

 ビデオは「旅をしながら、何かを探し求める」というコンセプトだといい、インタビューに対しては

  「自分の中でも思い入れの曲なので、すごい楽しみ」

と意気込みを語っていた。演奏直後のシーンでは

  「バンドチーム名考えないと!」

 と、「仏頂面」とは打ってかわって、バンドのメンバーと積極的にコミュニケーションを取ろうとしているかのような一幕も見られた。

■「みんなに聞いて欲しい思い入れの曲です」

 また、9月のプライベートで米国の砂漠を訪れた経験も、ビデオには反映されているといい

  「砂漠に行ったときに自分が感じた気持ちが歌詞の中にも入ってるし、PVでも、その時の気持ちを表現したかった。やっぱりみんなに聞いて欲しいし。思い入れの曲です」

などと終始笑顔でアピール。これまでの「エリカ様節」は、すっかり影を潜めた形だ。メイクも、「不機嫌挨拶」の時に比べればかなり薄めのように見える。

 なお、この「Destination Nowhere」はテレビ朝日系のドラマ「モップガール」の主題歌としても採用されているからなのか、発売前にもかかわらず、アマゾンのコメント欄にはコメントがいくつも寄せられている。「大好きな1曲」「心に響きます」などと好意的なものばかりで、評価の欄も、5つ星の満点ばかりだ。この欄を見る限りでは、期待感は相当高まっているように見える。

 一時期は「長期休養」もささやかれた沢尻さんだが、新曲で復活を果たせるか注目される。   (引用 YAHOOニュース


ERIKAとして、音楽活動はしている沢尻エリカさんtamale="clear:both" />
心から、嬉しいですkyu音符

沢尻エリカが美術関係パーティーに出席

女優沢尻エリカ(21)が26日、主演映画「クローズド・ノート」の舞台あいさつでの不機嫌騒動以来、約1カ月ぶりに公の場に現れた。都内で行われた美術関係のパーティーに出席。招待客だけが入れるパーティーフロアだったため、取材は受け付けなかった。また、沢尻の出世作となった映画「パッチギ ! 」の井筒和幸監督(54)がこの日、都内で行われた映画「パッチギ! LOVE&PEACE」のDVD発売記念イベントに出席。沢尻について質問されると「何でお前らに沢尻のことを言わなアカンのや!」と不機嫌だった。
   (引用 YAHOOニュース


井筒和幸監督じゃなくって、沢尻エリカが出席したパーティーの事を
書いて欲しいよね
はて?

エリカ様、SMの「女王」?コールガール風のドレスに首輪

主演映画「クローズド・ノート」の舞台挨拶での態度が問題化して以来、表舞台から姿を消していた「エリカ様」こと女優の沢尻エリカさん(21)が、久々にメディアに登場した。月刊誌の表紙とグラビアを飾ったもので、インタビューには「意味深」なコメントも残している。

 沢尻さんが登場したのは、首都圏では2007年10月25日に発売された月刊誌「sabra」12月号。写真家の蜷川実花さん(35)撮影によるもので、表紙と、綴じ込みポスターを含むグラビア10ページにわたって掲載されている。コンセプトは「フェチズム」で、衣装もコールガール風のドレスや、首輪などSM風のアクセサリを身につけるなど、「女王様」を連想させるものだ。

■「泣いたりするのもお芝居の中だけだった」

 「スポーツ報知」によると、沢尻さんの希望で、蜷川さんとの初仕事が実現、撮影は「騒動」以前に行われたのだという。

 とは言え、インタビュー記事の中には、なかなか「意味深」なコメントを残している。

  「喜怒哀楽の沸点が低い?さぁ、そんなこと考えたこともありません。泣いたりするのもお芝居の中だけだった。今までは…」

 半ば、芝居以外でも感情を表すことを「予言」した形だ。
    (引用 YAHOOニュース





とってもカッコいいし、セクシーですねブブブー
0月25日に発売された月刊誌「sabra」12月号に掲載されていますGOOD
是非、買ってご覧になってくださいオンプ




エリカ様再臨…女王様キャラグラビア&インタビュー

“不機嫌騒動”以来、鳴りを潜めていた女優、沢尻エリカ(21)が、きょう25日発売の月刊誌「sabra」12月号(小学館)で、女王様キャラ全開のグラビアを飾っている。

 写真家、蜷川実花さん(35)による綴じ込みポスターを含む10ページにわたる特集では、クラシカルなコールガール風ドレスあり、首輪にチェーンのSM風あり、と挑発的。

 インタビューではコスチュームについて、「女性目線の“フェチズム”って感じですよね。だから、役ではないけれど、自然とイメージを持って撮影に臨めたのかもしれません」と語っている。

 沢尻は9月29日、映画「クローズド・ノート」の舞台あいさつで「別に…」「特にないです」の不機嫌発言がファンやマスコミのバッシングを浴び、その後、ホームページで謝罪。10月4日に「スーパーモーニング」(テレビ朝日系)で号泣インタビューが放送されて以来、釜山国際映画祭でのあいさつを取り止めるなど表舞台から姿を消していた。

 騒動前から常にクールな印象だった沢尻だが少し、心境に変化があったのか同誌では、こんな意味シン発言も。

 「喜怒哀楽の沸点が低い? さあ、そんなこと考えたこともありません。泣いたりするのもお芝居の中だけだった。今までは…」

 これからは感情表現をもっとあらわにしてくれるのか。

 ところで、恋人のハイパーメディアクリエーター、高城剛氏(43)との仲はその後どうなっているのか。騒動後、東京・渋谷区にある会員制のクラブでデートする姿が目撃されていた。

 「クラブにはお気に入りのDJがいて、彼が登場する曜日には高城さんとともに出かけている。沢尻はずっと帽子を目深にかぶるか、大きなサングラスをかけているので、あまり気付かれていませんね」(飲食業関係者)

 沢尻に近い人物によると、バッシングを受けた当初は、家に引きこもりがちで、ひと晩じゅう泣き腫らす日もあったという。外出時は目の回りが目立たないようにしているのも、そのためなのか。世間の関心はすっかり亀田一家に移ったが、忘れられないうちにグラビア登場とは、なかなかしたたかな女優魂だ。
    (引用 YAHOOニュース




騒動から沢尻の顔を見れないと思っていましたが、よかったです4

とりあえず子は親のかがみ〜エリカとカメダ

沢尻エリカ様。

最近のトピ画像からは、ぶすくれた表情のみ。元来のフランス人形のような女優顔がわかりかねるほど。いろんな場での女王様然が、同業者からもパクられるほどのインパクトだった彼女。某週刊誌談、エリカ母(フランス人)曰く、「エリカ様と最初に呼んだヤツをぶっ殺す」。

亀田一家。10月17日、処分がおりた後の初会見にて、丸刈りにした当人と父が公の場に登場。「ダイキ、しゃべれるか?」との父の問いにも、当人はうつむいたまま話せず即退場。「とりあえず(連続)」反省コメントを出し、子をフォローする父。

芸能界のご意見番和田アキ子は、(エリカ様について)「この親あってこの子あり、ってこと」と発言した。ステージママ、パパのおかげで名を馳せた芸能人、スポーツ選手などは数知れない。親と子の家族間で完結することが多いため、いわゆる世間知らず、井の中の蛙状態に陥りやすいことは否めないだろう。何かあれば、すぐに批判の的だ。

エリカ様も亀田一家も、世間一般常識的にはいただけない奴らと言われる。でも、残虐な親殺し、子殺しが毎日のように報道される今、こんな、世間的にいただけない親子でもよっぽど家族として成り立っていると思える。ブログにコメント寄せたお兄ちゃん宅にかくまわれていた長崎県の小6女児の孤独に比べれば、エリカもカメダ息子達も、全力で守ってくれる親がいるなんて幸せだ。

だから、あれもいいじゃんとは言わないが、最近疑問なのは、前述の和田アキ子のようなご意見番と呼ばれる人たちのコメントが、最新トピックスとしてネットニュースで流れる瞬間だ。

マスコミが、家族を不幸にしている。
     (引用 YAHOOニュース



マスコミも仕事でやってるのはわかってるんだけど・・・
芸能人だって、そっとしていて欲しいときもあるからねしょんぼり
程ほどに・・・・。

sponsored links
スペシャルリンク
木村拓哉 小倉優子 田中美保 蛯原友里 押切もえ 新垣結衣 長澤まさみ しょこたん(中川翔子)
selected entries
categories
links
recent trackback
others
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM