沢尻エリカ画像
沢尻エリカ画像
沢尻エリカ画像
沢尻エリカ画像

スポンサーサイト

  • 2007.11.15 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


『クローズド・ノート』舞台挨拶騒動、興行的にはプラスにならず

JUGEMテーマ:芸能

大ヒット中の『ALWAYS 続・三丁目の夕日』の初日舞台挨拶で、観客からスタンディング・オベーションが起きたと先日マスコミが報じたが、これは、舞台挨拶は大切にすべきだということを、改めて認識させた出来事だった。観客のリアクションの背景には、作品の中身への高い満足感も当然あろうが、そのときに見せた監督、俳優たちの謙虚な振る舞いも含まれていたと思われる。


舞台挨拶の不手際から、マスコミの格好の標的となった沢尻エリカ出演の『クローズド・ノート』が、最終的な興行収入で10億円突破が微妙な見通しとなった。11月4日現在で、9億円ちょっと。大ヒット作品が集中し始め、さらに今週も話題の新作が登場する情勢では、数字の伸びは簡単ではない。

 『クローズド〜』は公開3日目の時点では、10億円は軽く上回る見通しで、15億円も視野に入っていた。しかし、その週から起こり始めた沢尻へのバッシング報道が、徐々にボディブローのように興行に響きだした。興行の数字が伸びない場合は、普通なら中身の問題となる。しかし、そうしたことも考慮しての3日目の見通しであったから、やはり報道の影響が大きかったということだろう。

 舞台挨拶の不手際がここまで話題になったのは、過去あまり記憶にないが、その是非はともかく、興行的にプラスに作用することはなかったのは間違いない。俳優たちは、よほど用心しなくてはいけないということだろう。ああいう態度は、昔の大物俳優がよく見せた許容できる豪胆さとはまた別物なのだ。マスコミというより、人々の評価のほうが厳しい時代である。
    (引用 YAHOOニュース


報道の影響が大きいし、人も報道で左右されやすい・・・
これが、現実ですね
juge4



[映画評] 『クローズド・ノート』〜出会いは奇跡

出会いの形はさまざま。すれ違うか、電話で話すか、交換日記か。そんな出会いの行く末もさまざま。恋に発展するか、憎しみあうか。

 そして、出会いはあらゆるものの源。話をするにしろ、仕事をするにしろ、怒りをぶつけるにしろ、すべて人との出会いがあってこそのものなのだ。

 人の生きている時間は、出会いで埋め尽くされているといっても過言ではない。

 映画『クローズド・ノート』(監督:行定勲)は、出会いがもたらす不思議で切なく温かい物語。

 教師を目指している女子大生の香恵は、新居に引っ越してきた。そこで前の住人の忘れものの中に1冊のノートを見つける。香恵は、いけないことだと知りつつそのノートを開いてしまう。そのノートは、小学校の教師の伊吹という女性の日記だった。教え子との学校での様子が書かれた日記に、香恵は徐々にのめりこ んでいく。

 伊吹は正直な自分の言葉をノートにつづっている。伊吹は自分の何気ないひと言が、1人の生徒を不登校にしてしまったかもしれないということを知り、苦悩する。

 初めての担任。どんなことでも頑張った子供には「伊吹賞」と書かれた手作りのメダルをプレゼントしている。それぞれの個性を認めて、成長を優しく温かく見守っていこうと考えていたはずなのに、学校に来たくない生徒が出てしまった。

 伊吹は、その生徒の「心の力」を信じ待ち続けると日記につづる。子供の繊細な心や、素直な気持ちを伸ばそうとする伊吹の姿に、香恵は心を打たれる。そんな伊吹は、香恵にとって日記の中だけの存在だったが、全く予想だにしていない形で伊吹に出会ってしまうのだった。

 この作品には、今の日本を代表する2人の女優が共演している。

 香恵役の沢尻エリカは、若々しく溌剌(はつらつ)とした表現で素晴らしい。彼女自身が持つ、とおりの良い声と、凛とした面持ちは、香恵の乙女心を見事に表現している。

 伊吹役の竹内結子は、苦悩しながらも子供たちへの愛情と明るさを忘れない優しい存在感を見事に示している。子供たちの笑顔に囲まれてほほ笑む彼女に姿は、出会いが持つ素晴らしさ、そのもののような輝きがある。

 圧巻の表現力といえる。

 人は、1人では絶対に生きられないものである。出会いが心に栄養を与え、「心の力」を持つことができる。出会うことで、始まる「人生」の時間がある。

 『クローズド・ノート』は、出会いが持つ大きな可能性や素晴らしさをあらためて感じさせる素晴らしい映画である。
    (引用 YAHOOニュース



こんなに素晴らしい映画はないグスッ
是非『クローズド・ノート』を見てください
キラキラ

ご機嫌ナナメな沢尻エリカ、主演映画舞台挨拶で終始ダンマリ

女優の沢尻エリカが9月29日(土)、主演映画『クローズド・ノート』の初日舞台挨拶に竹内結子らと登場。終始ツンとした表情の沢尻は、撮影エピソードなどを聞かれても「特にないです」と相変わらずのエリカ様ぶりをみせた。

肩を色っぽく出した緑のヒョウ柄衣装で現れた沢尻は「今日はどうもありがとうございました」と一言で挨拶を済ませ、司会から撮影エピソードに関する質問をされてもさらりと受け流し、彼女の立ち居振る舞いに会場がざわつく場面も。また沢尻が現場でクッキーを配ったというエピソードについても「別に…」とダンマリだった。

 そんな沢尻とは対照的に、先生役を演じた竹内は「人の運命って、どう変わるのかなって印象的に思った。何が起こるかわからないなって」と最後の日記を飛ばすシーンについて語り、「生徒たちから『ありがとうございました』と言われた時は(生徒たちの涙を)もらっちゃいました」と振り返った。

 主題歌を担当したYUIも応援に駆けつけ「とても素敵な映画に関わらせて頂きました」とニッコリ微笑んだ。このほか黄川田将也も挨拶したが、最後まで沢尻と共演者との表情にギャップが見られた舞台挨拶となった。
    (引用 YAHOOニュース



沢尻エリカに何があったのかな・・・[:がく〜:]
舞台挨拶前に何かあったんだろうな・・・ちょい怖い冷や汗



沢尻、ナニワでも“エリカ節”が冴えわたる!

女優・沢尻エリカが13日(木)、大阪・なんばで行われた主演映画『クローズド・ノート』(29日公開)の完成披露試写会にサプライズ出演! 「監督とはフェアな関係で、撮影中にはランナーズハイならぬ“シューティングハイ”状態になった!」と語り、昨年行った映画PR以来、およそ1年ぶりに訪れたナニワの街でも“エリカ節”を炸裂させ、観客たちを喜ばせた。

沢尻は、大人の雰囲気を漂わせる白シャツと、それに合わせたサングラス、黒のパンツ姿で登場。自身が演じるキーマンの女子大生役について「監督と私の中で作り出したもの。監督の的確な指示を演技で返し、常にフェアな関係だった」と話した。

 また長回しで知られる行定勲監督に「フィルムが200本を超えた時“みんなでシャンパン開けようぜ!”って声をかけた。300本超えの時は、自分でクッキーを焼いて持っていった」というエピソードも披露し、心優しい一面をうかがわせた。

 行定氏が映画版『世界の中心で、愛をさけぶ』の監督を務めたことから、話題は沢尻と同世代の女優・長澤まさみの話に。「(長澤は)まだ当時、若かったんですよね。沢尻さんは、意思もあるし必要のないものを敢えて外す手法を見出している。映画のなかで自発的に動く“成長”が見られた」と語る監督に対し、沢尻は「いや、皆(それぞれ)個性が違うので!」とクールなコメント。最後には、現在首位をキープし大阪の話題の中心となっている阪神タイガースについても「黄色の感じは知ってる。何なら、阪神ファンって言いますよ!」とリップサービスする余裕を見せていた。
    (引用 YAHOOニュース



完成披露試写会に行ったみなさんがうらやましいですぶー

生沢尻エリカは綺麗だったろうなぁほわ〜ハート2

沢尻エリカ10作目主演映画は普通の女の子

女優沢尻エリカ(21)が10日、映画出演10本目となる主演作「クローズド・ノート」(行定勲監督、29日公開)の完成会見に出席し「あえて役作りせず、自然体を意識しました」と明かした。これまでは強い個性の持ち主などが多かったが、今回は「どこにでもいる女の子」と言うほど、普通の設定。設定や役柄を考え「このセリフは言えない」と監督に意見するほどのめり込むタイプが「客観的に見て、無駄な意見は省きたかった。自分の意見はいらない」と決心。行定監督も「年数を重ねた女優が取り組むことに挑んでいた」とその意欲を感じた。
 沢尻はその発言から女王様キャラが浸透、「エリカ様」と呼んで取り上げるメディアも多い。今回は1人芝居の場面も多く「常に集中を切らないようにしようと自分の中での戦いがあった」と話した。
      (引用 YAHOOニュース



沢尻が今までないスタイルで撮影初だからまた違う沢尻の素顔が見れる映画かもしれないキラン


沢尻&竹内初共演も、会話少なく残念

女優・沢尻エリカが10日(月)、都内で行われた主演映画『クローズド・ノート』(行定勲監督 9月29日公開)の完成披露試写会に出席。自らを“フラットな私”と表現するなど、独特のオーラを放ちながらアピールした。

本作は1冊のノートがヒロインの恋や人生をミステリアスな方向へと変えていく運命的なラブストーリー。その中で小学校の先生を目指す大学生を演じた沢尻を「存在感がある。正直彼女とやってみたかった!」と行定監督はベタ褒め。それを受けて彼女は「監督に全て任せた。監督とは凄くフェアな関係、そして凄くフラットな私。やりやすい現場でした!」と挨拶。

 また沢尻が憧れる小学校教師役を演じた竹内結子は「(沢尻とは)2日ほどしか撮影が被らず、会話があまりできなかった。いずれまた、よろしくお願いします!」と後輩にあらためて公開挨拶。写真撮影では子役の1人が緊張している中、優しく声をかけてリラックスさせるなど、見事に“良き先生”ぶりを発揮していた。
        (引用 YAHOOニュース



若手女優(沢尻エリカ)とベテラン女優(竹内結子)の共演ムキャー!
すごく見ごたえがありそうですXDぴーす



YUI ファン待望の武道館ライブ開催決定!!

9月26日に映画「クローズド・ノート」(出演:沢尻エリカ、竹内結子)の主題歌となっている最新シングル『LOVE & TRUTH』をリリースするYUI。彼女が11月19日に自身初の単独武道館ライブを開催することが決定しました!!

 8月3日には茨城県国営ひたち海浜公園で行なわれた【ROCK IN JAPAN FES.2007】に出演し、炎天下の中熱いステージを繰り広げてくれた彼女。4年前、福岡のストリートで1人あぐらをかいて歌っていた少女が遂に、夢の舞台、日本武道館のステージに立ちます!!オフィシャルサイト内の自身の日記でもファンへの感謝を綴り、初の武道館公演に向けて気合充分の様子。4年間の音楽活動がこのステージに集約されます。

 一夜限りの武道館ライブとあって、チケット争奪戦は必至。詳しい情報はまだ明らかにされていませんが、続報を待ちましょう!!
    (引用 YAHOOニュース



YUIさんの一夜限りの武道館ライブぴかぴか
貴重なライブですよびっくり

YUI、映画『クローズド・ノート』主題歌をリリース!

先日発表された“ナビゲーションDVD”に続き、CDリリースもいよいよ決定! 映画『クローズド・ノート』(9月29日より全国東宝系にてロードショー、原作:雫井脩介、監督:行定勲、主演:沢尻エリカ、竹内結子、伊勢谷友介)主題歌、YUIが歌う「LOVE & TRUTH」(SRCL-6633〜4 税込1,575円、SRCL-6565 税込1,223円)は9月26日の発売です! 携帯サイトでの連載を皮切りに、大反響を巻き起こした“運命的な”ラヴ・ストーリーとの相性はいかに? 叙情的に鳴り響くサウンドへしっかりと耳を傾けましょう。

 “ROCK IN JAPAN FES.2007”をはじめ、今年も夏フェス/イベントで熱いステージを披露した彼女。10月には、レギュラー・ラジオ番組『SCHOOL OF LOCK!』のライヴ・イベント“SCHOOL OF LOCK! LIVE TOUR "YOUNG FLAG"”に出演決定(ZEPP FUKUOKA)! こちらもお忘れなく。    (引用 YAHOOニュース


YUIのナレーションによる映画『クローズド・ノート』ナビゲーションDVDが登場!

9月29日より、全国東宝系にてロードショーとなる映画『クローズド・ノート』(原作:雫井脩介 主演:沢尻エリカ、竹内結子、伊勢谷友介)。携帯サイトで連載されていた小説をもとに、行定勲がその風合いを生かして紡ぎ上げた“運命的な”ラヴ・ストーリー。公開に先駆け、ナビゲーションDVD『「クローズド・ノート」Music Movie with YUI』(SRBL-1327 税込2,415円)が9月5日に発売されます。

 これまでのナビゲーションDVDとは一味異なり、今作では「映画の本編素材 + 映画のメイキング素材 + 映画サウンドトラック」を元にミュージック・ビデオを作成。主題歌「LOVE&TRUTH」(CDリリース未定)を歌うYUIのナレーションで進行していきます。“『クローズド・ノート』×YUI”のコラボレートによって生まれた美味しい逸品、本編を観る前に、ぜひともお手元へ。


その他詳細につきましては、コチラをご覧ください。
http://www.cdjournal.com/main/news/news.php?nno=16041
 
  (引用 YAHOOニュース

沢尻エリカに若槻千夏・小栗旬がからむホラー

 「オトシモノ」は、2006年秋に公開されたばかりの話題作だ。2005年に映画賞を総ナメにした「パッチギ!」、またテレビドラマ「1リットルの涙」でスターの座を射止めた沢尻エリカ。彼女にからむのは、個性派キャラの若槻千夏と、テレビドラマ「花より男子」シリーズで人気急上昇中の小栗旬だ。
監督・脚本は「ドッペルゲンガー」などの黒沢清監督作品に携わった古澤健。また主題歌を「女子高生のカリスマ」と呼ばれるミュージシャン・加藤ミリヤが歌っている。

 物語の舞台は電車、そして駅だ。駅で落し物の定期券を拾った者たちが、次々と行方不明になる事件が起こる。彼らはどこに消えたのか? 駅に出現する黒衣の女性と事件との関係は? 主人公の女子高生・木村奈々(沢尻エリカ)は、落し物を拾ったせいで行方不明になった妹・範子を捜し続けるが……。

 同時にこのほか、チョウ・ユンファ主演「僕たちは天使じゃない!」や夏目雅子主演「魚影の群れ」、倍賞千恵子主演「横堀川」、多部未華子主演「HINOKIO」、石原真理子主演「十手舞」も配信されている。

 料金は1作品につき367円。配信帯域は2Mbps、500kbpsの2帯域。視聴にはWindows Media Playerを使用する。
沢尻エリカ「オトシモノ」ワンシーン

 (引用 YAHOOニュース



沢尻エリカに若槻千夏・小栗旬がからむホラー冷や汗
松竹の映画配信サイト「シネリエ」は、沢尻エリカが映画初主演したホラー作品「オトシモノ」など6本を配信開始嬉しい拍手



sponsored links
スペシャルリンク
木村拓哉 小倉優子 田中美保 蛯原友里 押切もえ 新垣結衣 長澤まさみ しょこたん(中川翔子)
selected entries
categories
links
recent trackback
others
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM