沢尻エリカ画像
沢尻エリカ画像
沢尻エリカ画像
沢尻エリカ画像

スポンサーサイト

  • 2007.11.15 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


沢尻エリカ、久々の公の場でとびきりの笑顔

JUGEMテーマ:芸能

女優・沢尻エリカが14日(水)午後、都内で行われた『Yahoo!ライブトーク』に9月の“舞台挨拶騒動”後、初めて公の場に姿を見せた。

ライブトークに出演した沢尻エリカ

 来月立ち上げのカネボウの新メイクアップブランド『COFFRET D'OR(コフレドール)』のイベントに登場した沢尻は、シックなベージュを基調としたドレスで同じ所属事務所で同CMに出演する常盤貴子、中谷美紀、柴咲コウ、北川景子と共に登場。トークでは、時折“エリカ様”の陰が見え隠れするような口調もみられたが、ショッピングについて聞かれると「青山とか、普通にそこらへんにいます。自分で買いに行くのが好き!」と、とびきりの笑顔で話した。

 また、初披露されたCMに関しては「欄干(らんかん)上でのウォーキング、“できるワケないじゃん!”って思った。ヒールを履いて歩いたので、気取った感じ(に見える)が、内心は超ヒヤヒヤでした」と秘話を語った。

 関係者の話では、トークイベント自体は1か月以上前から企画され、この日は女性限定で招待。5人が登場するというイベントの趣旨で告知したこともあったが「滞りなく、予定通り終了しました」という。強烈なバッシングからの“復帰”第1弾は、“美”を前面に押し出した上で、まずは同性からの支持を得たようだ。
     (引用 YAHOOニュース



少しずつ、少しずつだよにっこり
沢尻エリカちゃんならまたすぐ、人気が戻るよ
あげtama



沢尻エリカが美術関係パーティーに出席

女優沢尻エリカ(21)が26日、主演映画「クローズド・ノート」の舞台あいさつでの不機嫌騒動以来、約1カ月ぶりに公の場に現れた。都内で行われた美術関係のパーティーに出席。招待客だけが入れるパーティーフロアだったため、取材は受け付けなかった。また、沢尻の出世作となった映画「パッチギ ! 」の井筒和幸監督(54)がこの日、都内で行われた映画「パッチギ! LOVE&PEACE」のDVD発売記念イベントに出席。沢尻について質問されると「何でお前らに沢尻のことを言わなアカンのや!」と不機嫌だった。
   (引用 YAHOOニュース


井筒和幸監督じゃなくって、沢尻エリカが出席したパーティーの事を
書いて欲しいよね
はて?

エリカ様、SMの「女王」?コールガール風のドレスに首輪

主演映画「クローズド・ノート」の舞台挨拶での態度が問題化して以来、表舞台から姿を消していた「エリカ様」こと女優の沢尻エリカさん(21)が、久々にメディアに登場した。月刊誌の表紙とグラビアを飾ったもので、インタビューには「意味深」なコメントも残している。

 沢尻さんが登場したのは、首都圏では2007年10月25日に発売された月刊誌「sabra」12月号。写真家の蜷川実花さん(35)撮影によるもので、表紙と、綴じ込みポスターを含むグラビア10ページにわたって掲載されている。コンセプトは「フェチズム」で、衣装もコールガール風のドレスや、首輪などSM風のアクセサリを身につけるなど、「女王様」を連想させるものだ。

■「泣いたりするのもお芝居の中だけだった」

 「スポーツ報知」によると、沢尻さんの希望で、蜷川さんとの初仕事が実現、撮影は「騒動」以前に行われたのだという。

 とは言え、インタビュー記事の中には、なかなか「意味深」なコメントを残している。

  「喜怒哀楽の沸点が低い?さぁ、そんなこと考えたこともありません。泣いたりするのもお芝居の中だけだった。今までは…」

 半ば、芝居以外でも感情を表すことを「予言」した形だ。
    (引用 YAHOOニュース





とってもカッコいいし、セクシーですねブブブー
0月25日に発売された月刊誌「sabra」12月号に掲載されていますGOOD
是非、買ってご覧になってくださいオンプ




エリカ様再臨…女王様キャラグラビア&インタビュー

“不機嫌騒動”以来、鳴りを潜めていた女優、沢尻エリカ(21)が、きょう25日発売の月刊誌「sabra」12月号(小学館)で、女王様キャラ全開のグラビアを飾っている。

 写真家、蜷川実花さん(35)による綴じ込みポスターを含む10ページにわたる特集では、クラシカルなコールガール風ドレスあり、首輪にチェーンのSM風あり、と挑発的。

 インタビューではコスチュームについて、「女性目線の“フェチズム”って感じですよね。だから、役ではないけれど、自然とイメージを持って撮影に臨めたのかもしれません」と語っている。

 沢尻は9月29日、映画「クローズド・ノート」の舞台あいさつで「別に…」「特にないです」の不機嫌発言がファンやマスコミのバッシングを浴び、その後、ホームページで謝罪。10月4日に「スーパーモーニング」(テレビ朝日系)で号泣インタビューが放送されて以来、釜山国際映画祭でのあいさつを取り止めるなど表舞台から姿を消していた。

 騒動前から常にクールな印象だった沢尻だが少し、心境に変化があったのか同誌では、こんな意味シン発言も。

 「喜怒哀楽の沸点が低い? さあ、そんなこと考えたこともありません。泣いたりするのもお芝居の中だけだった。今までは…」

 これからは感情表現をもっとあらわにしてくれるのか。

 ところで、恋人のハイパーメディアクリエーター、高城剛氏(43)との仲はその後どうなっているのか。騒動後、東京・渋谷区にある会員制のクラブでデートする姿が目撃されていた。

 「クラブにはお気に入りのDJがいて、彼が登場する曜日には高城さんとともに出かけている。沢尻はずっと帽子を目深にかぶるか、大きなサングラスをかけているので、あまり気付かれていませんね」(飲食業関係者)

 沢尻に近い人物によると、バッシングを受けた当初は、家に引きこもりがちで、ひと晩じゅう泣き腫らす日もあったという。外出時は目の回りが目立たないようにしているのも、そのためなのか。世間の関心はすっかり亀田一家に移ったが、忘れられないうちにグラビア登場とは、なかなかしたたかな女優魂だ。
    (引用 YAHOOニュース




騒動から沢尻の顔を見れないと思っていましたが、よかったです4

とりあえず子は親のかがみ〜エリカとカメダ

沢尻エリカ様。

最近のトピ画像からは、ぶすくれた表情のみ。元来のフランス人形のような女優顔がわかりかねるほど。いろんな場での女王様然が、同業者からもパクられるほどのインパクトだった彼女。某週刊誌談、エリカ母(フランス人)曰く、「エリカ様と最初に呼んだヤツをぶっ殺す」。

亀田一家。10月17日、処分がおりた後の初会見にて、丸刈りにした当人と父が公の場に登場。「ダイキ、しゃべれるか?」との父の問いにも、当人はうつむいたまま話せず即退場。「とりあえず(連続)」反省コメントを出し、子をフォローする父。

芸能界のご意見番和田アキ子は、(エリカ様について)「この親あってこの子あり、ってこと」と発言した。ステージママ、パパのおかげで名を馳せた芸能人、スポーツ選手などは数知れない。親と子の家族間で完結することが多いため、いわゆる世間知らず、井の中の蛙状態に陥りやすいことは否めないだろう。何かあれば、すぐに批判の的だ。

エリカ様も亀田一家も、世間一般常識的にはいただけない奴らと言われる。でも、残虐な親殺し、子殺しが毎日のように報道される今、こんな、世間的にいただけない親子でもよっぽど家族として成り立っていると思える。ブログにコメント寄せたお兄ちゃん宅にかくまわれていた長崎県の小6女児の孤独に比べれば、エリカもカメダ息子達も、全力で守ってくれる親がいるなんて幸せだ。

だから、あれもいいじゃんとは言わないが、最近疑問なのは、前述の和田アキ子のようなご意見番と呼ばれる人たちのコメントが、最新トピックスとしてネットニュースで流れる瞬間だ。

マスコミが、家族を不幸にしている。
     (引用 YAHOOニュース



マスコミも仕事でやってるのはわかってるんだけど・・・
芸能人だって、そっとしていて欲しいときもあるからねしょんぼり
程ほどに・・・・。

沢尻エリカに浮上した尼寺修行企画

尼寺で精神修養をさせる――!?  こんな仰天プランが持ち上がっているのが映画「クローズド・ノート」の“不機嫌騒動”でピンチの沢尻エリカ(21)。謝罪コメントを発表する異例の事態にまで発展したが……。
「沢尻が出演している自動車のCMは9月で打ち切られ、化粧品、食品のCMも10月で終了することが決定している。代理店側は契約の終了としているが、時期が時期だけに一連の騒動と無関係とは考えにくい」(芸能プロ関係者)
 騒動を重く見た所属事務所は沢尻の芸能活動を停止し、謹慎させる方向で調整中とか。
「活動停止の期間は最長で1年、早くて半年程度になるはずです。当初企画されていた映画、NHKやTBSで話し合われていた連ドラの話も凍結されてしまった。CMは契約書に基づいた形で放映される」(関係者)
 そこで急浮上しているのが尼寺入山計画。「期間は未定。イメージアップと女優業にプラスになることを考えて修行させる。現在、縁切り寺として有名な鎌倉や京都の尼寺が候補に挙がっている」(事情通)という。
 尼寺入山は以前からドキュメント番組の企画の一環で出ていたものだ。
「ある制作プロから沢尻のガチンコ・ドキュメントを撮りたいというオファーが出ていた。その流れで尼寺修行話が出てきたそうです。彼女の立場を考えて最終的にOAされるかわからないが、カメラが彼女を追いかけるという方向で企画が進んでいる」(放送作家)
 高城剛氏(43)との結婚引退説や、結婚して海外に移住するという話もあった。今回の騒動で沢尻は芸能界が嫌になっているようだが、チャレンジしてもらいたい。
   (引用 YAHOOニュース



ファンはやっぱりまだ沢尻エリカに頑張ってもらい気持ちがある!!
あんなに素晴らしい演技力があるのにもったいない!!
復活願ってます!!!


“沢尻効果”は1.2%?

先週の沢尻騒動でもっとも目立った番組は「スーパーモーニング」(テレビ朝日)だろう。4日(木)にメーンキャスターの赤江珠緒が騒動後の沢尻エリカの単独インタビューに成功して独占放送した。
 このインタビューで沢尻はボロボロ涙を流しながら、「ファンの前にあんな姿を見せたことを後悔している。自分でも最低だと思う」と語った。 さて、気になるこの日の「スーパー」の視聴率は7.7%だった。木曜日の前4週平均は6.5%。視聴率を1%以上、上積みさせたことになる。
 もっとも、先週は角界の不祥事やらでずっと7%台だったようで、“沢尻効果”はそれほどでもなかった可能性もあるのだが……。
   (引用 YAHOOニュース


【芸能ニュース舞台裏】沢尻エリカ炎上の1週間

沢尻エリカ炎上! の1週間だった。映画「クローズド・ノート」が封切られた9月29日の土曜日、舞台あいさつで火の手が上がった。

 「その場にいたディレクターから、すぐに電話で『沢尻やっちゃいました』。ビデオを見たら、最初から最後まで不機嫌で、あれだけの不機嫌は演じてもできるものじゃない、エライ!と思いました(笑)」(民放デスク)

 ただ、現場にいたある雑誌のカメラマンは、さほど驚かなかった。「売れないころから撮ってたけど、機嫌が悪いときはあんな感じ。ファンの前で見せてしまったのが失敗だね」

 所属事務所は、すぐさまCMスポンサーなど関係先に事情説明。本人は週明け月曜日にホームページで“全面降伏”した。
     (引用 YAHOOニュース


船越英一郎、会見で沢尻エリカにエール「何でも糧になる」

俳優、船越英一郎(47)が東京都港区のテレビ朝日で23日スタートの同局系「頑張る人応援バラエティ 体育の時間」(火曜後7・0)の初回収録に臨み、その後の会見で主演映画「クローズド・ノート」の舞台あいさつで不機嫌な態度を取った女優、沢尻エリカ(21)について言及。「若いうちは失敗があって当然。俳優の仕事は無駄になることがなく何でも糧になる。女優業にフィードバックしてほしい」と“エール”を送った。

 同番組はスポーツバラエティー。船越はタレントの陣内智則(33)、ほしのあき(30)と司会を務める。
    (引用 YAHOOニュース





嬉しい言葉出すね!!

沢尻エリカ“不機嫌騒動”でささやかれる3つの疑問

●ブンむくれた本当の理由は何か?
 いまだ各方面に影響を与えている沢尻エリカ(21)の“不機嫌騒動”。沢尻はテレビのインタビューで泣いて謝ったが、最大のナゾは映画「クローズド・ノート」の舞台挨拶で、なぜあんな態度をとったのかということだろう。
「沢尻は映画のPRで150本近い取材をこなしていたため、辟易としていたといいます。ただでさえ彼女は取材嫌いですからね。また、スタイリストの用意した衣装が気に入らずに激怒したという説もある」(芸能記者)
 同じ事務所の先輩・竹内結子(27)との“因縁”が原因だったという声も上がっている。
 先月10日に行われた映画の完成披露試写会で、「人の秘密を知ってしまった経験は?」と質問された沢尻が「知らなくていいことって、たくさんありますもんね」と竹内に向かって言い放ち、中村獅童との離婚騒動をネタにしたことがあった。
「会見後はさすがの竹内も激怒していたといいます。そのため、沢尻は“今回の舞台挨拶では余計なことを言わないように”と事務所サイドからたしなめられたというのです。この映画のために山ほど取材をこなしてきた沢尻は、それでカチンときた。“だったら何も言わない”とブンむくれたわけです」(マスコミ関係者)
 いずれにしろ、取るに足らない原因だが……。

●謝罪文を書いたのは誰か?
 沢尻はHPに「諸悪の根源は全て私にあるもので、それを踏まえた上で、責任を取る考えです」という謝罪文を掲載。これを受けて沢尻が謹慎するという説も浮上したが……。そもそも、あの謝罪文は本当に沢尻が書いたのか。
「誰もが“謝罪文は本人が書いてないだろ”と思っているはずです。21歳の沢尻が『諸悪の根源』なんて変ですよ。スタッフが書いたという説が有力です」(芸能関係者)
 では、彼女は謹慎する気はあるのか。
「謝罪文もインタビューもCM出演しているスポンサーに向けて“反省している”とアピールしたもの。もともと沢尻は働きすぎだから来年は休養させる予定だったそうで、謹慎ではなく休養するというのが真相。勝手に浮上した謹慎説は彼女にとって好都合のはずですが……」

●騒動はプラスだった?
 沢尻はすっかり悪役である。関係者もさぞかし頭を抱えていると思っていたら、逆らしい。
「今回の騒動で沢尻サイドは喜んでいるとか。この一件がニュースやワイドショーで連日報じられて彼女の名前が日本中の中高年にまで浸透したというのです。逆宣伝というわけです」(事情通)
 この騒動、まだまだ収束しそうにない。
    (引用 YAHOOニュース



今まで騒がれていた騒動が本当にプラスになるんでしょうか!!?
たとえ日本中の中高年にまで浸透したとしてもけしていいイメージではない・・・
ファンとしては、あまり嬉しくないです・・・。


sponsored links
スペシャルリンク
木村拓哉 小倉優子 田中美保 蛯原友里 押切もえ 新垣結衣 長澤まさみ しょこたん(中川翔子)
selected entries
categories
links
recent trackback
others
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM